いつもきれいでいたい私の美容歴(20代から50代)

シェアする

美容歴

いつもきれいでいたい私の美容歴

20代のころは鐘紡の化粧品を使用していてニキビができやすく、朝の洗顔に洗顔せっけんを使うように指導されました。

今のようにニキビ用の化粧品専門のものはなく困りました。

貧血気味で顔色が悪く、下地クリームはとても重宝しました。

子供がいると、忙しく、晩に化粧を落とさずに寝たこともありましたが、若かったので、どうにかなりました。

30代のころは、訪問販売のメナードを使うようになりました。

少しお高いですが、そばかすが気になりだしホワイトシリーズはとても効果がありました。

ほほのそばかすが1ヶ月で消えました。

販売員の人が(メナードを使っていたらとしいかないよ)と言っていたのを覚えています。

40代のころは、花王の化粧品を使うようになり、グレースソフィーナシリーズを主に使っていました。

値段もメナードに比べて、安く重宝しました。

シーズンごとにはがきでエステを受けませんかとお誘いを受け、マッサ-ジとメイキャツプ指導を受けました。

50代になるとものすごく忙しくなり、短時間で顔の手入れができるように、オールインワンジェルを使うようになり、下地クリームはドクターシーラボのmlエッセンスubhc、ファンデーションはdhcのクリームファンデーションを使っています。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク